どうやって感染するのか|フィラリア予防薬はストロングハート|通販で費用も時間も節約

どうやって感染するのか

薬とコップ

ヘルペスというのは、ヘルペスウイルスに感染してしまうことによって発症する病気です。感染すると、赤いぶつぶつの発疹が現れ、徐々に水ぶくれになります。そして、最終的には水ぶくれが潰れてしまって潰瘍になります。
発疹ができるとともに痒みや痛みを伴うことも多く、人によっては発熱や頭痛が起こります。
ヘルペスになると大変ではありますが、現在では様々な治療薬があります。そのため、万が一できてしまったという場合でも焦る必要はありません。

しかし、どうしてヘルペスができてしまうのでしょうか?
ヘルペスの感染経路というのはいくつかあります。子供が感染しているという場合には、大人が持っていたヘルペスウイルスが唾液を通じて感染、出産時に胎児へ感染というケースがあります。
また、ウイルスを持った人が使用したタオルやトイレなどを使用することでも感染する恐れがあります。
ただ、ヘルペスの感染経路で最も多いのは性行為です。
コンドームを装着していれば安全と思い込んでいる方もいますが、コンドームを付けてもヘルペスをはじめとする性感染症は防げません。というのも、コンドームを装着している部分というのはペニスの一部です。粘膜部分を全て触れ合わないようにしているわけではありませんし、性行為をしなくてもオーラルセックスやディープキスをすることでヘルペスができてしまいます。
つまり、ヘルペスを一番に予防する方法は、感染経路で最も多い性行為を控えるということです。
ただし、完全に感染経路を防ぐということは難しいので、治療薬を常に携帯しておくことをおすすめします。